歯科医師と歯科技工士が読む補綴専門誌QDT(2020年11月号)に掲載された症例

投稿者: | 2021年1月30日
補綴専門誌QDT(2020年11月号) 掲載された症例 掲載された症例  
2011年初診の46歳女性。歯の変色も含め審美的改善を目的に来院。「20代で矯正治療を行ったが、治療が進むにつれ前歯が見えなくなり、噛み合わせの高さも低くなった」とのこと。 再矯正を行った後、表情に重要な役割を果たす噛み合の高さもベストと思われる状態に改善し、歯根の露出部分には結合組織移植術を行い上下の歯肉レベルを整え、仮歯で約1年経過後、経過良好と判断し2020年に完成した症例です。

噛み合わせの再構築をともなう包括的歯科治療において、歯科医師が検査・診断を経て立案した治療計画と最終目標を歯科技工士と共有することは必要不可欠です。

川原歯科医院 院長 川原 淳