川原歯科医院  
川原歯科医院[横浜市青葉区青葉台の歯医者]

根管治療(歯内療法)

 
     
 
case01レントゲン 【写真1】
平成27年10月1日
左上犬歯の症例です
根尖病巣(黒い陰影部)
術前パノラマ写真から
【写真2】
平成27年11月4日
根管治療終了直後のレントゲン写真
【写真3】
平成28年8月18日
根管治療終了から9カ月後のレントゲン写真
骨再生が見られる
I様 72歳(2016年現在)/女性
case01レントゲン 【写真4】
平成28年2月15日
左下第2小臼歯の症例です
歯内療法終了時
青い線で囲った黒い陰影部が病巣部
【写真5】
平成29年1月6日  
病巣消退。
骨の再生が確認できる(矢印)
48歳(2017年現在)/男性

歯根の先に黒く見える範囲が、病変(病巣)です。良性の腫瘍で、時間とともに拡大し結果的に周りの骨(歯槽骨)を融かします。(写真2及び写真4)

最初に原因歯の根管治療を行なう歯科医が正確な根管治療を行なえば、基本的に病変部に骨が再生し治癒します。レントゲン写真での黒の陰影が消失し骨の形成が認められます。(写真3及び写真5)

根管治療は、正しく行なえば一生に1度で済む筈です。

歯根治療は、殆ど2回の通院で終了します。歯根の治療が何回も繰り返されることは理論的には理解に苦しみます。

レントゲン写真で示した病変を放置すると、将来的に重篤な症状を引き起こす可能性が大であり、抜歯は必至です。

マイクロスコープの項で示しましたように根管治療が完璧に行なわれていれば、これが原因で抜歯になることは殆どありません。

ただ、完璧な根管治療を行なったとしても、時には病変が消失しないことが有ります。これは、先端付近の歯根の形と神経の解剖学的形態によることが殆どです。しかし完璧な根管充填が出来ていれば抜歯せず、病巣だけを簡単に除去する歯根端切除手術法があります。(詳しくはマイクロスコープのページを参照ください)

病変と根の先の形態的に問題のある部分だけを腫瘍の摘出と同時に切除します。不完全な根管充填でも、切除後に逆根充(根の先の封鎖目的)をマイクロスコープで確認しながら行なえば問題はありません。当院のみならず他院で行なわれた高価な被せ物(セラミック冠等)も撤去することなく病変だけを摘出し、出来るだけ歯を残すことに心掛けています。

歯根端切除手術を行なわなければ抜歯となり、後は義歯かブリッジかインプラントになります。当院では開業以来47年間に数千本の歯を抜かないで残してきました。

1本の歯は掛け替えのないものです。抜歯して、即、インプラント治療を勧めるのは、如何なものかと思います。一生自分の歯で噛めるようにするのが我々歯科医の最大の使命です。


 
  ホームHPのコンセプト歯科治療とは大切なこと歯家医院紹介スタッフ紹介
歯科用CT診断装置マイクロスコープ根管治療(歯内療法)セレックインプラントについて
顎関節症について歯周病治療について長期安定について長期症例一覧歯周病治療症例
インプラント症例オールオン4症例オーバーデンチャー矯正症例審美症例
オールセラミック症例ホワイトニング症例接着ブリッジ症例究極症例料金について
保証についてアクセス歯科衛生士より
 
  写真提供 ozi design works
Copyright (c) 2005- Kawahara Dental Clinic.All Rights Reserved
医療法人社団 川原歯科医院■Tel.045-981-0418■横浜市青葉区青葉台2-12-11