川原歯科医院  
川原歯科医院[横浜市青葉区青葉台の歯医者]

メタルフリーについて

 
     
 

メタルフリー歯科治療

近年、食品の多様化が原因と思われる金属アレルギー症状が口腔内や全身に出ている患者さんが増えています。

症状には以下のようなものがあります。
ネックレス、ピアス、指輪、時計などの装飾品による「皮膚のかぶれ」
⇒接触性皮膚炎
イオン化した金属が皮膚や粘膜から取り込まれることで身体の離れた部位に症状が出る
⇒全身型金属アレルギー、掌蹠膿疱症、その他

保険の歯科治療では、国策として詰め物やかぶせ物の金属は、金銀パラジウム合金と銀合金です。義歯や矯正治療には、コバルトクロム合金、ニッケルクロム合金やステンレス鋼が用いられます。

金属アレルギーを疑われる場合は、原因金属を特定するため皮膚科に紹介して、パッチテストを行ってもらいます。

金属アレルギー対策として、メタルフリー(金属を使わない)歯科治療が不可欠です。

  • 金属アレルギーの治療としてのもので、原因となっている口腔内の金属物質を除去し、金属を用いずに修復を行う。
  • 現在、金属アレルギーはないが、金属アレルギーを予防するために、金属を用いず修復を行う。
  • 審美性を重視して、自然な歯に近い色つやのあるセラミックなどで修復を行う。

メタルフリー治療の症例 >> オールセラミック症例オールセラミックブリッジ症例

メタルフリーインプラント治療

インプラントは、純チタンやチタン合金が主流です。

これまでは、チタンはアレルギーがないと言われていましたが、実際にはインプラント製造過程で極微量のニッケルが混在することでアレルギー症状の原因となっています。

チタンに代わるインプラントは、ジルコニア・インプラントしかありません

ジルコニア(*)は、化学的に安定した金属酸化物の形をしているため、イオン溶出がなく、生体親和性に優れている材料です。(* ジルコニア:二酸化ジルコニウム。ダイヤモンドに似た宝石として合成される。化学式ZrO2

金属以外のアレルギー

また金属以外の詰め物やかぶせ物で用いられるレジン(プラスチック)でも、強いアレルギー症状を呈し来院するケースもあります。

 
  ホームHPのコンセプト歯科治療とは大切なこと歯家医院紹介スタッフ紹介
歯科用CT診断装置マイクロスコープ根管治療(歯内療法)セレックインプラントについて
顎関節症について歯周病治療についてメタルフリーについて長期安定について長期症例一覧歯周病治療症例
インプラント症例オールオン4症例オーバーデンチャー矯正症例審美症例
オールセラミック症例ホワイトニング症例接着ブリッジ症例究極症例料金について
保証についてアクセス歯科衛生士より
 
  写真提供 ozi design works
Copyright (c) 2005- Kawahara Dental Clinic.All Rights Reserved
医療法人社団 川原歯科医院■Tel.045-981-0418■横浜市青葉区青葉台2-12-11