川原歯科医院  
川原歯科医院[横浜市青葉区青葉台の歯医者]

インプラントについて

 
     
 
 

トップダウン・トリートメント・プランニングとCT撮影

インプラントを埋め込むに当たり、まず最初に行なうのは、 最終的な口腔内のゴールの形を模型上で製作し、 それに基づいてインプラントの種類やサイズ、埋め込む部位や方向を決定することです。

建築と同じで、設計士のしっかりとした図面なしに、立派な建物は出来ません。

大部分の症例は、レントゲン写真と歯列模型の分析だけで可能ですが、 骨量や骨幅が極めて少ない場合や、骨密度の程度(HF値)を診査する必要がある場合は、 予めCT撮影を行いパソコンの3次元画像上でのシミュレーションも行います。

インプラント治療で最も重要なことは、いかに術前のプランと完全に一致させるかです。

それを実現させるために、予測模型から埋め込み用のガイド(サージカルステント)を製作し、 それに沿って正確に埋め込んでいくのです。

模型作り
現状の模型 1.現状の石膏模型 完了時の模型 2.治療に入る前に、治療完了時のセットアップ模型を作ります

CT撮影
CT撮影 1.骨量や骨幅が極めて少ないケースでは、CT撮影を行います シミュレーション 2.パソコンのCT3次元画像上で埋め込み可能な部位や方向を知るためのシミュレーションを行います

サージカルステント
模型上の埋め込み位置に基づき
製作されたステント
ガイドに沿ってインプラントを埋め込む
ガイドホールに沿ってインプラントを埋め込みます
上顎右側のステント
上顎右側のステント

 

 
  ホームHPのコンセプト歯科治療とは大切なこと歯家医院紹介スタッフ紹介
歯科用CT診断装置マイクロスコープ根管治療(歯内療法)セレックインプラントについて
顎関節症について歯周病治療について長期安定について長期症例一覧歯周病治療症例
インプラント症例オールオン4症例オーバーデンチャー矯正症例審美症例
オールセラミック症例ホワイトニング症例接着ブリッジ症例究極症例料金について
保証についてアクセス歯科衛生士より
  写真提供 ozi design works
Copyright (c) 2005- Kawahara Dental Clinic.All Rights Reserved
医療法人社団 川原歯科医院■Tel.045-981-0418■横浜市青葉区青葉台2-12-11