川原歯科医院  
川原歯科医院[横浜市青葉区青葉台の歯医者]

メタルフリー歯科治療
セレックACと即日セラミック修復治療

 
     
 

※ クリックで写真拡大

治療前
治療前/過去の詰め物の下に新たなカリエス。

光学3Dカメラで撮影する直前
虫歯を徹底的に除去した後セラッミクを詰める為に形を整え、光学3Dカメラで撮影する直前。

3Dカメラで瞬時に正確な印象採取
3Dカメラによるチェアサイドでの1回の撮影により、瞬時に正確な光学印象採得が行えます。

セレック・イメージングユニット。形態修正
セレック・イメージングユニットのコンピュータが選び出した詰め物の形態をモニタ画像上で修正。

完成したモニタ画像
完成したモニタ画像。

ミリングユニット(マシーン)
ミリングユニット(マシーン)。

ミリングバーとセラミックのブロック
ミリングバーとセラミックのブロック。

ミリングバーとセラミックのブロック
セレック・ブロック
4種類のサイズ。トランス(半透明)、ミディアム(中間色)、オペーク(不透明色)の3色調がベースとなり明度、彩度から容易に個々の歯にマッチしたブロックを選択できます。

ミリングバーとセラミックのブロック
ミリングバーと削り出し途中のセレック・ブロック。

注水しながら削り出しを行う様子
注水しながら削り出しを行う様子。

ミリング終了
ミリング終了。

削り出して完成
削り出して完成。

完成セラッミク冠 接着直後
完成セラッミク冠 接着直後。

アメリカでは日常診療

3年前、旧知の歯科技工士(Terry Aoki氏 シアトル在住)が、来日時に模型と写真を見せながら、アメリカの歯科医院では日常診療でOne day treatment(即日・修復治療)が普通に行なわれていることを教えてくれました。

私は、そのような治療法(セレック・システム)があることは10年以上前から知ってはいましたが当時の加工精度に信頼が持てず、関心もなかったので、その時は、半信半疑でした。

数年前からアメリカの日常診療でセラミックの即日修復治療が盛んに行なわれていることが事実とすれば、本来工業規格製品の大量生産に適したCAD/CAMシステムを、歯科の医療技術へ転化する更なる研究がなされ、コンピュータテクノロジーの発展と同調しながらハードウエアが普及。これに伴い各種材料の開発が私の想像する以上に進化し、精度も格段に上がったとしか考えられませんでした。

それは、虫歯を除去し歯の形を整えた後、従来のシリコンによる印象採得(歯の型どり)の替わりに特殊(光学3D)カメラでその歯の写真を撮り(ダイレクトスキャニング)、歯科用CAD/CAMシステムにより設計・削り出しを行なうと云うものです。

実際には、コンピュータのモニターに映し出される画像を操作して詰め物や被せ物をデザインし、そのデジタルデータを忠実に再現するようミリングマシーンがセラミックのブロックを削り出します。普通は、虫歯の除去から2時間前後で完成したセラミックの修復物を歯に接着して治療終了となります。

CAD/CAM(Computer Aided Design/ Computer Aided Manufacturing)とは、コンピュータの支援による設計加工の技術です。

CAD/CAMでの
セラミックインレー・クラウンの製作

Terry Aoki氏から、即日修復治療の話を聞いた翌年(2009年11月29日)に開催されたメタルフリー歯科臨床学会で、私の想像通りにセレック・システムが進化を遂げ極めて精度が高くなったことを知りました。

1970年代から欧米の研究者らにより開発されたシステムであり、その歴史の中で材質の研究、改善がなされ完成度が高まりました。

セラッミクが長期の咀嚼に耐えるには材質的に天然歯に近い硬さと曲げ強度を有すること、より天然歯に近い色調を出すには透明性を高めること、この2つが絶対条件です。

硬さは、歯の表面のエナメル質と同程度です(2点曲げ強度160メガパスカルで天然の歯は140メガパスカル。耐摩耗性は天然歯エナメル質と同等)。色調は、透明性が高ければ、その歯本来の色と同化し(カメレオン効果)、自然な感じになりますが、金属に裏打ちされた部分のセラミックでは、天然歯と違って光を透過せず、不自然な色調になることが多いです。

また、歯の形態としては、約8000の歯のサンプルデータをもとに作られたコンピュータソフト(バイオジェネリック)により患者さん固有の歯の形をモニター画面上に提案します。

これまで、セラミックの修復物は、歯科技工士(特にセラミスト)が永年の経験から得た独自の技術で何度も陶材を焼成(窯で焼く)し、仕上げ研磨まで何時間もかけて作り上げました。仕上がり具合に個性と差が出るのは当然です。

しかし、セレック・システムは既に高密度で均一に焼き上げたセラミックのブロックを削り出すわけですから、仕上がりにバラツキはありません。しかも削り出す時間は僅か10数分です。

強調したいことは、メタルフリーマテリアルの進化と並行して研究された接着材の開発があって初めてメタルフリー歯科治療が可能となったということです。

メタルフリー歯科臨床学会での最後の演題は「ニューヨークにおける最新審美歯科治療」でニューヨーク大学歯学部のミッシェル・ガリ教授が講演しました。

印象深かったのは、患者さんの金属アレルギーや審美要求の増加に伴い、現在では審美歯科治療においてメタルフリー治療はなくてはならないものへと変化し、現在NY大学歯学部では、メタルフリー修復は、大部分の治療を担っていると話されたことです。前述のアメリカの歯科技工士の話を裏付けるものでした。

特にメタルフリー修復は、口腔内では、唾液が電解質となり溶出した金属によるアレルギーや異種の金属イオン間の電位差が原因で起こる不快症状(ガルバニー電流)で悩まれている患者さんにとって、福音となりました。

お忙しい患者さんには

当院では、1年前(2010年9月)から最新のセレックACシステムを導入しています。

遠方から来院される患者さんや時間のない患者さんにとって、1日でセラミックによる審美や咀嚼機能が回復するこの画期的なシステムは、コスト面からも大変に好評です。
また、1回の治療時間(2時間程度)も取れない多忙な患者さんには、1日目に型どりのみを行い次回に接着する2回法もあります。

※セレック・システムの製造は、ドイツのシロナ社です。


 
  ホームHPのコンセプト歯科治療とは大切なこと歯家医院紹介スタッフ紹介
歯科用CT診断装置マイクロスコープ根管治療(歯内療法)セレックインプラントについて
顎関節症について歯周病治療について長期安定について長期症例一覧歯周病治療症例
インプラント症例オールオン4症例オーバーデンチャー矯正症例審美症例
オールセラミック症例ホワイトニング症例接着ブリッジ症例究極症例料金について
保証についてアクセス歯科衛生士より
 
  写真提供 ozi design works
Copyright (c) 2005- Kawahara Dental Clinic.All Rights Reserved
医療法人社団 川原歯科医院■Tel.045-981-0418■横浜市青葉区青葉台2-12-11